麻布十番でトルコ宮殿料理 ブルガズ・アダ

ブルガズアダ
↑↑↑↑
クリックして下さい 拡大されます。

今回は 世界三大料理の1つ トルコ料理です。

ただのトルコ料理ではございません。
オスマントルコ宮廷料理でございます~

何でも 世界にはオスマントルコの宮廷料理が頂けるお店は3軒しかないらしく
2軒はイスタンブ-ルに そしてもう一軒が ココ麻布十番にある
『ブルガズ・アダ』(BurgazAda)なのであります!!

前々からとても気になっていたお店です。
やっと念願が叶いました。

プレジデント・テッフィ-、アッフィ-・カワノさん そして 中村社長と共に
楽しい時間と美味しいお料理を堪能致しました。

Presidents.jpg


アッフィー



場所は 南北線の麻布十番駅 1番出口から 徒歩4~5分の所にある
麻布六堂ビルの3階です。

店内は さほど広くなく 照明は結構暗め。
インテリアはゴチャゴチャしておらず すっきり上品にまとまってます。

半個室のようなお席を用意して下さいました。

うん 良い感じ
ゆっくり 出来そう~


メニュ-はコ-スが3種類とアラカルトがあります。

私達は スルダンの宴コ-スを頂きました。

宮廷料理 
興味津々です!!


まずは お酒選びからです。

おじ様お二人 真剣です。

スタッフの方と相談の結果 こちらになりました。

ワイン

トルコ産 赤ワイン 『ブズバ- リザ-ブ』
辛口だったかな?? 

私は アイスレモンティ-
アイスティ

コレが 爽やかで ホント美味しい!
なので アイスアップルティ-も次にオ-ダ-
コレ又 旨い!!


ハイ では飲み物が決まった所で いよいよお食事です。
 
まずは こちら 一口のお楽しみ
一口
 
レッドキドニ-ビ-ンズに ザクロのお酢を効かせたすりゴマのペーストを合わせたサラダ仕立て
ゴマの風味と濃いお豆さんの味がマッチしてて 美味しい。

でも ホントにひとくち~

で、大好きなパン
bread.jpg

こちらは ミルクとヨ-グルト、オリ-ブオイルを練り込んだポアチャ(無水パン)です
ハ-ブとドライトマトのバタ-が添えてあります。 旨し


そして 14世紀~19世紀のメゼ(前菜)の盛り合わせ
見た目が賑やかで 楽し~

前菜


手前 右から

バジルで香り付けした濃厚ヨーグルトがプチトマトに入ったもの

お隣
ソアンルユムルタ
メフメト2世(誰??)お気に入りの朝食の中から
2時間カラマリゼして甘みを十分に引き出した玉ネギのオムレツ

これ 美味しかったです

で隣が そら豆と人参のペ-スト

上 右の四角いのは
キッシュの調理法のルーツだそうで
摩り下ろしたズッキ-ニとイタリアンパセリ、ハ-ブ、チ-ズや
玉子etcを加えております。

左 自家製カナッペ
お野菜に香草と胡桃がブレンドされていて ピリ辛味

前菜2

で 上右の串に刺さっているのが
仔羊と仔牛のフィレ肉をミンチにしてスパイスをタップリ入れた自家製サラミ

こちら ワインの肴にピッタリで おじ様お二人お気に入り
コレだけ別に盛り付けたお皿を頼んでいました

そして お隣の赤いのが 約400種類あると言うお茄子料理から
ラタトゥ-ユのル-ツ シャクシュカ と言うメゼ

お隣 トルコ産 牛のフェタチ-ズのハ-ブコ-ティング

そして 最後の列

右から
カナッペ クミンで香り付けしたヒヨコ豆のペ-ストが乗っています

真ん中 
55度の低温で24時間じっくりと調理された 鴨さん。
コレも 美味しかった~

で 最後左隣は ア-ティチョ-ク


それぞれ 3個ずつくらい食べたかった・・・・



本日のス-プはこちら
スープ

ホワイトアスパラとカリフラワ- 玉ねぎのクリ-ミ-なス-プ (17世紀)

お次は本日の魚料理だったのですが 写真撮り忘れました・・・
ヒラメでした。 上に乗っていた ドライレモンだったかオレンジだったかが 美味しかったです。

そして 本日のサラダ
サラダ

えっ?! コレ サラダ?? ってな ルックスですが
焼き茄子とトマトのサラダなんです。
どことなく 鰹だしっぽい和風の味がしました。

そして メインのお肉料理です。

迷った末に こちらをチョイス
らむちゃん

ロ-スト仔羊フィレ肉 トルコ産ピスタチオ&ハ-ブコ-ティング (15世紀)

羊独特の獣臭さが残っているお肉です。
私はこの臭みが好きなので 美味しく頂きました。
ブル-べリ-ソ-スが添えてあります。

アッフィ-さんはこちら
乳のみ

生後3~4ヶ月の仔羊ちゃんのラム・チョップ (15世紀)
臭みを完全に消し去り 凄~く柔らかくい仕上がっています。


そして 中村社長はこちらです。
ピラフ

ヒナ鶏のピラフロ-ル(14世紀)

サワ-チェリ-の絞り汁でマリネしたヒナ鶏で
松の実、レ-ズン入りピラウ(ピラフ)をロ-ルしてあります。

ちょっと頂いたのですが とっても美味しかったです~

そしてピラフとは トルコが発祥の地との説明があり
4人とも  「へぇ~ そうなんだぁ~」

因みに チェリ-も原産地は トルコだそうです。 


お料理は以上です


こちら 本日のデザ-ト
デザート

お米のプリンだったか・・・ ブランマンジェみたいで
上にかかっているサワ-チェリ-のソ-スの酸味とベストマッチで
とても美味しかったです。

そして 最後にチャイ
チャイ

このグラスが ホントに綺麗で・・・
欲しいです~~

お料理はどれもコレも 素材の良さが引き出されていて
ハ-ブをふんだんに使用しておりますが スパイシ-過ぎる事がなく
繊細且つ上品にまとめ上げられていました。

今度は アラカルトのお料理を食べてみたいです~

ご馳走様でした!!!
スポンサーサイト



プロフィール

Kako

Author:Kako
Kakoです。

逗子で育ち 現在横浜在住
です。
住まいは山下公園と中華街の
中間にありとても気に入って
います。

ロンドン・NY・ソウルが好きで食・美容に興味津々。
イラストを描き始めたら寝食忘れて没頭します。
ネタ被ってますがInstagramも宜しくです。
kako8926

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR